HOME > 那珂湊焼きそばとは

那珂湊における焼きそばのはじめて

 1954年に渡辺栄寿(故人)が現在のわたなべ製麺所を創業しました.栄寿翁はとても物見遊山が好きな人で,突然ふらーっと出かけて行っては見聞を広げてくるのを楽しみとする人でした.50年以上昔のある時,いつものように物見遊山に行った浅草の盛り場で,当時すでに普通に売られ,食べられていたソースで焼いた焼きそばに出会いました.栄寿翁はそれにひじょうに興味を持ち,浅草に何度も足を運び,その焼きそば用の麺の製造法や調理の仕方を興味津々で勉強してきたそうです.

創業間もない頃,製麺中の栄寿翁

その後,地元の飲食店の方々と試行錯誤を重ねながら現在の源であります,焼きそばができあがったものであります.その後,焼きそばは物のない時代と,水産業・農業等で豊かだった経済を背景に,その調理の簡易さと美味しさと値段の安さ等の要因で,食堂だけでなく駄菓子屋・お好み焼き店・もんじゃ焼き店等にあっという間に広がり,旧那珂湊市内には何十軒という焼きそばを提供する店が出来ました.又,それは,那珂湊だけにとどまらず大洗にまで波及し,やはり多くの焼きそば店ができていきました.

そうした多くのお店との試行錯誤の中,もちもちの食感をもつ「手延べせいろ蒸し麺」の太麺が特徴の現在の那珂湊焼きそばとして定着し,それぞれのお店独自のアレンジも加わり,多彩な味を楽しめる様になりました.


高温高圧で一気に蒸し上げます 蒸し上がった麺はもちもちとした歯ごたえの那珂湊焼きそば独自の麺になります

 

 

Copy Right 2010 @ NAKAMINATO YAKISOBA GURADUATE. ALL RIGHTS RESERVED.
inserted by FC2 system